FC2ブログ

上履き

2019313.jpg
足の不自由な患者さんも多く来院されるようになり普通のスリッパでは滑ってしまい診療室内での転倒も心配されます。履いてきた靴のまま上がっていただくようにお願いしていますが気を使われて履き替えられる方が多いため介護用品の上履きを用意しました。

保育園スタッフ研修会

20190228.jpg
川崎市の保育園スタッフ並びに園医の研修会がおこなわれました。講師は日本歯科医師会雑誌2019年2月号に論文を掲載されている西東京市開業の河井聡先生でした。河井先生は卒後当院に勤務されていた先生で開業後は子どもたちの歯列咬合の管理に力を入れて診療を行っています。今回は生後間もなくから永久歯の前歯が生えそろうまでの間に起こる異常とその対応についての話でしたが、特に舌小帯の異常や口腔習癖についての話は興味深く、保育園スタッフの方々も初めて聞く話ばかりではなかったでしょうか。舌小帯の話を症例写真を元に話をできる先生はいないので今後も色々な機会で発表していって欲しいと思います。

折りたたみ式スロープ

20180227.jpg
車いすで来院される患者さんも増えてきて、玄関のステップを乗り越えるのが大変でした。診療室は1階にあり室内は平坦で問題ないのですがこのステップだけが障害でした。院内ミーティングで何とかならないかという意見が以前から出ていましたが、常設のスロープの設置はスペース的に無理だったので折りたたみ式のものを購入し、必要な時に出して使用することにしました。これで車いすをみんなで持ち上げなくても良くなりました。

むし歯は減っていない!

201900218.jpg
ザ・クインテッセンス2月号にショッキングな記事を執筆されている相田先生のお話を聞く機会がありました。自分の講演では子どもたちのう蝕は減っていてこれからは歯列咬合に眼を向けなければならないと話をしていますが診療室に来院する患者さんの全体からみれば高齢者の根面う蝕は増え続けており毎日その対応に追われています。子どもたちも小学校を卒業する頃まではほぼ完璧にう蝕予防ができていますが中学に入ってからは隣接面カリエスを見逃さないように目を光らせています。う蝕は減っているというイメージを我々は持っていますが実際にはそうではないことを数多くのデータから示されています。是非ご一読されることをお勧めします。

書店で目立った歯の本

201902018.jpg
あまりにも大きな文字で「歯」と書いてあるのでつい目にとまりました。手にとってみると一般医科の先生が執筆された本で歯科界ではすでに名の知られた先生方の本でした。歯科医師が歯の大切さを説くのは当たり前ですが他科の先生がそれを一般向けの書籍で強調してくれることは本当に有り難いことです。我々もそのことをしっかり受け止めて治療に当たらなければなりません。認知症専門医の長谷川先生は「人生は口で始まり、歯で終わります」と書かれています。人生の最期をどこに設定するかは人それぞれですが自力で口から食べられなくなったときがその時と考えている人が多くなっているようです。

コントラ

2019218.jpg
注文してあったコントラが1ヵ月経ってやっと手元に届きました。送り主の手違いかInvoiceが入っていないということで税関で止まったままになってしまい、いろいろな関係機関とやり取りをしながらやっとのことで手に入れることができました。医院宛に海外通販のメールが沢山届いていると思いますが色々とトラブルがあるので慣れていない方にはお勧めできません。実際に届いた商品は当院でも使用しているKAVOのコントラが参考にされて製作されているようで形は似ています。いまのところ使用感に問題ありませんがKAVOほど耐久性があるかどうかは不明です。それでもこの5本分でKAVOの1本も購入できません。

初場所千秋楽の日

20190127.jpg
 2019年大相撲初場所千秋楽の日に国技館のある両国で私の4回コースのセミナーも最終日となりました。会場のビルから撮影した景色ですがスカイツリーがよく見え、周辺は相撲ファンの熱気がこの冬一番の寒さを吹き飛ばしていました。どうやって子どもたちを健全歯列に導いていくかを伝えていくセミナーですが、どの程度こちらの思いが伝わったかが毎回心配です。自分のいままでを振り返ってみると色々な先生の話を聴いてその所々を自分の臨床に活かして現在があるように思いますが、ある部分では完全にこれだと思った先生の真似をするところから始めてきたように思います。初場所では遅咲きの玉鷲が初優勝を飾りましたが、医者の遅咲きは患者さんに迷惑をかけるので先ずは素直に先人の形を真似をすることから始めるのが近道だと思います。しかしこれだと思わせるセミナーに私の話がなったかどうかが問題ですが。

フッ化物洗口導入の活動

2019120.jpg
フッ化物洗口がう蝕予防に効果のあることは多くの疫学調査で明らかになっていて、すでに小中学校で導入されている新潟県や京都市などのむし歯発症率は全国でも一番低くなっています。学校での教職員の仕事が増えることや衛生上の問題など川崎市のような大都市では不可能と諦めていました。しかし歯科医師会の地域保健関係の先生方が諦めずに活動してくれ、それに興味を持って下さった議員の先生が議会で発言してくれるとその可能性が出てきます。選挙が近いのでお名前は出せませんが当地区選出の市会議員の先生が積極的に活動してくれていますので夢のような話がいつか実現するかもしれません。

2冊ともベスト10入り

20181222.jpg
今年出版した単著、共著がともにベスト10入りしました。なかでも歯科衛生士向けの単著が全体の9位に入ったのは驚きです。歯科衛生士の方だけでなく、ドクターの皆さんにも手にとっていただけた結果だと思います。これからも(依頼があればの話ですが)正しい情報をできるだけやさしく講演会や文章で伝えていければと思います。

レントゲン室

20181214.jpg
今年2月の上階からの水漏れでカビが発生してしまった壁と天井の改修工事が終了しました。損害賠償請求から工事終了まで1年弱を要しましたがきれいになってホッとしています。しかし今度はCTが壊れてしまい現在修理中で、災難続きです。
プロフィール

kanahakihei

Author:kanahakihei
街の普通の歯科医院

カテゴリ
リンク
QRコード
QR