FC2ブログ

書店で目立った歯の本

201902018.jpg
あまりにも大きな文字で「歯」と書いてあるのでつい目にとまりました。手にとってみると一般医科の先生が執筆された本で歯科界ではすでに名の知られた先生方の本でした。歯科医師が歯の大切さを説くのは当たり前ですが他科の先生がそれを一般向けの書籍で強調してくれることは本当に有り難いことです。我々もそのことをしっかり受け止めて治療に当たらなければなりません。認知症専門医の長谷川先生は「人生は口で始まり、歯で終わります」と書かれています。人生の最期をどこに設定するかは人それぞれですが自力で口から食べられなくなったときがその時と考えている人が多くなっているようです。

2冊ともベスト10入り

20181222.jpg
今年出版した単著、共著がともにベスト10入りしました。なかでも歯科衛生士向けの単著が全体の9位に入ったのは驚きです。歯科衛生士の方だけでなく、ドクターの皆さんにも手にとっていただけた結果だと思います。これからも(依頼があればの話ですが)正しい情報をできるだけやさしく講演会や文章で伝えていければと思います。

完全攻略スーパーボンド

20181212.jpg
クインテッセンス出版(株)より「完全攻略スーパーボンド」という書籍が出版されました。MTAとかコンポジットレジンとかの歯科材料の総称で書籍が出版されることはよくありますが1メーカーの一つの歯科材料を題材にした書籍が出版されることは極めて稀なことです。スーパーボンドは私が大学を卒業した年と同じ1982年に発売された歯科材料で全国すべての歯科医院に必ず置いてあり、歯科関係者であれば誰もが知っているという極めて珍しいお化けのような材料です。この書籍のなかでメッシュ板を用いたスーパーボンドによる動揺歯の固定について執筆しました。20年以上前に発表したときは何の反応もありませんでしたが、それらの症例が長期に渡って安定しているということを紹介していますので今回は少しは関心を持たれるかもしれません。

根面カリエス

2018111.jpg
今日も何人もの患者さんの根面カリエスに対応しました。毎日毎日、根面カリエスの治療をしない日はありません。高齢になっても多くの歯が残っている患者さんが多くなり、唾液量の減少、甘味食品の摂取、ブラッシング力の低下などから根面カリエスを発症しています。有効な予防策は今のところなく、最近では切削充填する程でもない場合にはサホライドを塗布することが多くなっています。そのような取り組みを取り上げた記事をザ・クインテッセンス11月号に掲載しています。高齢者歯科の関係学会からは根面カリエスの予防に対するガイドラインは出ていませんの今のところどうしていいのかわかりませんが一つの策としてサホライド塗布は有効なようです。

拙著がついにトップに

2018105.jpg
ときどき気になって見ていましたが、拙著が発売元出版社の販売冊数ランキングでトップに躍り出ました。すぐに落ちていくと思いますが一度でもトップを取ったということは喜ばしいことです。この勢いで明日からの国際歯科大会での講演も上手くできると良いのですが。

論文の執筆

2018922.jpg
たまたまではありますが現在手元に2本の論文の校正原稿があります。大学の研究者でもあるまいし、街の一介の歯医者でこの事態は異常です。と言っても引き受けた自分が悪いのですが。講演会もいくつか控えていますがこの論文も含めそれぞれのテーマが違うので頭の中が混乱してしまいます。診療室では子どもの治療の横で入れ歯の治療や根管治療などとジャンルの違う治療を普通に行っていますが、いざ論文や講演の準備となるとさすがに同時進行は厳しいものがあります。論文執筆もすでに自分の為という時期は過ぎ、誰かの為になるのならと思って引き受けて書いています。講演も論文の依頼もそのうち来なくなるでしょうから、人のお役に立てるのも今が華と思って頑張らねばなりません。今年も残すところ3ヵ月ですが、こうして今年も終わっていきそうです。

書籍の売れ行き

2018920.jpg 20189201.jpg
書籍を執筆してるので売れ行きは気になるところです。最近講演会が続いているのでその先々で宣伝させていただき、その効果もあって両書とも売れ行き好調との連絡をいただいています。青本は第3刷りまでいきましたので3,000部が売れたことになり歯科医の25人に一人に購入していただけたことになります。短い時間での講演ではなかなか思いのすべてを話すことはできないので講演を聴いて興味を持たれた方に手にとっていただければありがたく思います。講演会に出席された先生方との雑談の中で「夜に一杯飲みながら読んでいます」とか「子どもが起きる前の朝に読んでいます」などと聞くとこちらの意図した通りの読み方をされているなとうれしくなります。学術書ではないのでパラパラとページをめくっていただければ何となくイメージが湧いてくるという本です。

新刊発売

201885.jpg 201886.jpg
8月に新刊が発売されました。前著青本の歯科衛生士向けの本で当院で行っている子どもたちへのメインテナンスのノウハウをまとめたもので、女性向けを意識してピンクの表紙になっています。人に教えられるほど自院で行っていることが良いとは思っておらず、いまだに日々改善しているところですがご依頼がありましたので発刊のはこびとなりました。青本の姉妹本として両方とも購入していただければと思っています。現在、還暦記念、開業30周年記念で少しだけ長めの夏期休暇中です、スタッフがその記念に私のフィギュアをプレゼントしてくれました。デスクの前に置いてありますがジロッと見られているようで何だか気持が悪いです。

健康という病もあるようです

2018112.jpg
タイトル通りの内容で、いままで医者とは無縁の生活を送ってきた著者が現代の健康ブームに対して釘を刺すという話である。私自身歯以外にはあまり悪いところもなく、歯科医になって一日も診療を休んだことがないという35年間皆勤賞の身であるので著者の言うことには至極ごもっともと納得させられる。ろくに健康診断にも行かず、人の健康にたずさわる仕事をしながら医者の不養生と患者さんにもよく心配されています。健康な人には病人の気持ちはわからないと言いますが、いままで歯では苦労してきたので歯医者としてはこれでも十分やっていけると思っています。

珍事

171024.jpg
2年半前に発刊された私の拙著ですが現在出版元の書籍人気トップ10の第2位になっているようです。担当していただいた編集者のかたから教えていただきました。
ここ最近各地で講演する機会が多く、はじめて聴いて共感していただいた先生方に書籍を購入していただいているのだと思います。2年以上も経ってこのように15,000円もする本が売れるのはうれしい限りで、まさに秋の珍事です。
プロフィール

kanahakihei

Author:kanahakihei
街の普通の歯科医院

カテゴリ
リンク
QRコード
QR