ガス滅菌器

201742.jpg
今まで3台のオートクレーブをフル回転させて器材の消毒滅菌を行ってきましたが、歯を切削するタービンの劣化にはうんざりしていました。回転が悪くなると歯の切削に時間がかかり患者さんにも術者にも良いことではありません。先日まとめて数本の修理を行いましたがウン十万円費用がかかりこんなことをこれから先も続けて行くわけにいきません。歯科ではひとりひとりの患者さんに対して多くの器材を使い捨てにし、滅菌を繰り返すことによって劣化する器材も多く使用します。経費のかかることですがどうしても必要なことです。そこでタービンの劣化が少なく、プラスチック製のものも滅菌できるというガス滅菌器を導入しました。滅菌消毒の工程が一つ増えてしまいましたが仕方ありません。この機会に現在回転の悪いタービンもすべて修理に出し、気持ちよく削りたいと思います。

お腹の上もふわもこ

20170318.jpg
高齢になり腰痛、肩こり、首痛などで長時間の治療が苦痛となる患者さんが多くなってきました。チェアーも「ふわもこ」にしましたがお腹の上や腰の下、首の下も「ふわもこ」まくらを置いて治療を行っています。衛生士からはこのお腹の上の枕が評判が良いと聞いています。

ふわもこチェアー

20170317.jpg
昨年1台の診療台をふわもこチェアーにしましたが患者さんの評判も良く、長く座っていても疲れないということでしたので今回2台の診療台をふわもこ仕様に張り替えてもらいました。水曜日の診療後に引き取り、中一日おいて金曜日朝に装着ということで全くロスがありません。1年経過しても表面に目立った劣化は見られませんのでお勧めです。

歯科衛生士用口腔内カメラ

201666.jpg 201667.jpg
右側は私が普段使用しているカメラセット(EOS 7D+100ミリマクロレンズ+リングライト14EX)で左側が衛生士が使用しているカメラセット(EOS KissX7+60ミリマクロレンズ+リングライト14EXⅡ)ですべてキャノン製です。衛生士用は大きさの違いからもわかるとおり重さも全く違い女性でも扱いやすくなっています。難点は1歯単位でアップの撮影ができないこです。また新しいリングライトEXⅡはやや青味が強く出ますので今までのリングライトEXではホワイトバランスを太陽光にしていますが色味をそれに合わせるためには曇りにしておくほうがよさそうです。

計画停電再来

2016216.jpg
きょうは昼休みに停電でこんな感じで昼食です。診療中に電気の容量不足でブレーカーが落ちて困っていたので容量のアップをお願いして工事をしてもらいました。ビルの一室なので勝手に容量のアップができず管理組合に頼んで何とか25%だけのアップです。工事の時間はわずか30分でしたが5年前のあの計画停電を思い出しました。

シートの張り替え

20151265.jpg
ユニットのシート張り替えのDMが再三届くので試しに古くなったユニットの張り替えを頼んでみました。まだ数日の使用感ですがとても良い感じで何より患者さんからの評判は上々です。これで本当に4,5年使えるのであれば古くなったユニットの寿命が少しは伸びるものと期待しています。

口腔内カメラ

20150125.jpg
口腔内カメラはすべてキャノンで統一しています。一眼レフカメラ、マクロレンズ、リングストロボすべてキヤノン製ですが歯科界では口腔内撮影用と評してまるで専用のカメラがあるように宣伝され高い値段で販売されています。世界のキヤノン製よりも良い物が作れる訳もなく購入されている先生は本当に可哀想です。先日友人の先生からキャノンからニコンに換えるからと幸運にもカメラを一式いただきました。ニコンかキャノンかは好みがありその色合いには大きな差があります。私は以前からキャノンですのでこのまま一生キャノンで行く予定です。 診療台も増え衛生士もよく撮影するのでカメラが不足気味で本当に有り難い話でした。現在衛生士用に上段の2台のカメラを用意し軽くするために60ミリレンズを使用しています。万が一でも落としたりしないようにグリップバンドも取り付けています。評判の悪かった弁当箱リングストロボも新商品が発売され上段右側のようにコンパクトになりました。

高価な消耗品

2014912.jpg
キャビネットを整理していたところここ数年で使えなくなったタービンやコントラなどの歯牙切削器具が沢山出てきました。歯科関係者であれば一つ一つの相場はわかるでしょうが、開業以来この何倍もの本数を消耗してきたかと思うとぞっとします。どんな仕事でもベテランになると五感で機械の調子がわかるようになると思いますがこの歯を削る機械も回転する音や軸のぶれなどで消耗度がわかります。医療器具ですので納得していますが日常生活では考えられない高価な消耗品です。

開かずの扉

2014628.jpg
改装前のこの扉の向こうには現像室がありました。パノラマCTはデジタルですしデンタルX線だけのために現像室を置いておくのはもったいないと思い現像室を潰しました。そのためこの扉の向こうはカルテ庫になり開かずの扉です。普通に壁にしても良かったのですが鉛入りの扉でもあり新たに壁をつくると保健所への申請も面倒くさくなるのでそのままで残しています。自動現像機で現像したデンタルX線フィルムの画像は手現像に比べて画質が落ちてしまいがっかりですが今のところ我慢しています。そんなこともあるかと思い現像室になるスペースは他に作ってあるので我慢できなくなったらまたそこで手現像を始めるかもしれません。

ロゴ

2014615.jpg
26年前に開業したときに考えた医院のロゴですがそのまま現在も使用しています。今回は受付カウンターの背面を木目の化粧板に張り替えその中央にロゴを貼り付けてもらいました。
プロフィール

kanahakihei

Author:kanahakihei
街の普通の歯科医院

カテゴリ
リンク
QRコード
QR