FC2ブログ

マス目の壁紙

2020118.jpg
新型コロナ感染症の問題が起こる前の2019年12月20日にマス目のシール貼りが上手くいかなかったことを記事にしましたが、その後は水漏れやコロナ対策におわれてしまって何も進みませんでした。今回の水漏れ事故の復旧工事でこの部分にマス目の壁紙を貼ってもらうことで解決にいたりました。咬合と全身の歪みの関係は以前から言われており、咬合を改善することで肩こりや腰痛などが治るなどの大それたことは思っていませんが姿勢の悪さが歯列に関係していることは間違いなさそうです。子どもたちの歯列と姿勢の関係について何らかの関係がわかるようになれればと思います。

壊れる機材、水かぶりの影響か?

2020114.jpg 20201142.jpg
20201143.jpg 2020144.jpg
ここにきて診療室で使用している機材が次々に壊れて修理代がかさんでいます。これも昨年8月の上階からの水漏れ被害の影響かもしれません。損害保険会社は被害状況の確認の際には正常に作動していても、こうやって事故から数ヶ月後に故障をしてしまった場合にはなんの補償もしてくれません。今後もいつ被害を受けるかわかりませんので自己防衛の為に直接水が被らないように精密機材は箱の中に入れてしまうことにしましたが、それにも限界があります。

改装工事

202011270.jpeg 20201127.jpg
上階からの水漏れ被害の為医院を休診にして内装工事中です。診療室の一角を壁紙カタログにあったフィンランドのデザイナーが作った絵柄を使って張り替えてみました。この絵柄の名前がたまたまCORONNAだったというのは後から気がついたことでしたが、いまままでとはまったく雰囲気の異なる子どもたちに喜んでもらえそうな診療台になりました。

マスク用フック

2020907.jpeg
外出時のマスク着用は常識になっていますが、歯科医療従事者は普段から仕事中は常にマスクを着用しているので私などはつい外出時にマスク着用を忘れてしまうこともあります。治療中は患者さんにマスクを外していただきますが診療台の前にマスク掛け用のフックを設置してありますのでご利用下さい。

大水害

2020825.jpg 20208252.jpg 20208253.jpg 20208254.jpg
8月23日に久しぶりに飯田橋でリアル講演を行って自宅に戻ると診療室があるテナントの管理会社から電話があり、上の階で水漏れが起こっており至急確認してくださいということです。いつものことなので診療室の近くに住んでいる林先生に連絡して確認に行ってもらいましたが、大変なことになっていると連絡が入りすぐに駆けつけることになりました。土曜日の夜から続いていたようで診療室は水浸し、天井や壁は水を含んで剥がれ落ち、ユニットやCT、治療器具も水浸しです。管理会社からも5名のスタッフが復旧作業に駆けつけてくれましたが講演が終わってゆっくりビールでも飲もうかと思っていたのとは一転、とんでもない時間になりました。月曜日はスタッフにも早く出勤してもらい何とか月曜日の診療を行いました。電灯、エアコン、CT、ユニット、治療器材などほとんどが水を被ってしまい正常に作動するかもわからず電灯も一部消えて暗く壁の剥げたみすぼらしい診療室になってしまいました。これから本格的な復旧作業をしなければなりませんがどこまでやり直して、器材を入れ替えるのか保険会社との交渉もあるので大変なことになりそうです。こんなに大変な被害を受けていますがいまのところ誰からも謝罪は受けておらずどこに怒りの矛先を向ければよいのか自然災害を受けたような気分です。患者さんにはしばらくご迷惑をおかけします。

ヘッドレストカバーが欠品中

20200729.jpg
 患者さんごとにディスポで交換していた紙製のヘッドレストカバーが欠品中で手に入らなくなっています。手袋やマスクの心配はなくなってきて一安心ですが診療に使用する衛生用品はいつ欠品になるかわかりません。しばらくすれば手に入るようになると思いますが一時しのぎで百均の水切りネットとペーパータオルで代用することにしました。

ピオとのお別れ

20200728.jpg
 大学卒業以来使ってきた根管長測定器の「ピオ」ともお別れの時がきました。卒業当時は根管長測定器と言えば「ルートキャナルメーター」でしたが音の出る測定器として「ピオ」が新しく発売され、勤務していた医院に導入されていたのですぐに使い始めました。それから38年間「ピオ」を使ってきて製品の特長も熟知していましたが大分前に販売中止となり部品の供給も終了していました。モノタロウで部品を調達しDIYで修理して使っていましたがもう限界です。Root ZX 等のデジタル表示の測定器も購入してみましたがどうしてもメーターの針が根尖に近づくにつれて振れてくるというアナログ的な感覚が好きで馴染めずに結局「ピオ」を使っていました。3台所有している「ピオ」もいよいよ不具合が出てきて誤作動がひどくなり、あまり使いたくないデジタル表示の根管長測定器に変えようかと考えていた矢先、オサダからアピット15というアナログな根管長測定器が新発売されていることを知りました。1ヵ月ほど使用しましたがこれなら「ピオ」と同じ感覚で根管治療ができそうな感じがします。どの先生も同じだと思いますが根管長測定器を変更するのはかなりの勇気が要ります。長い間お世話になった「ピオ」とはお別れして残りの歯科医人生はアピット15で行きたいと思います。

超音波スケーラー

2020720.jpg20200720.jpg
現在活躍中の超音波スケーラーです。このほかにも外科用のピエゾもありすべてナカニシのバリオスで揃えています。以前はEMS社製のものも使用していましたが故障が多いので国産で一番信用ができるメーカーのものに自然と替わっていきました。EMS社製を取り扱っていた日本のディーラーも今年になってから取り扱いを終了しているので理由はわかりませんが私の選択も間違っていないようです。パウダーにより歯面清掃ができるコンビプロの導入の際にはエアーの取口を各ユニットに設置しなければならないという課題がありましたが、その工事もDIYで行って使用できるようにしました。コロナで自粛していたメインテナンスの患者さんも多く来院するようになってきて毎日大活躍してくれています。

フェイスシールド各種

2020714.jpg
 現在診療室にあるフェイスシールド各種です。左から自作のもの、メガネの鯖江製、台湾高雄市医師会からの寄付品、県歯科医師会配布品です。何と言っても存在感のあるのは台湾からいただいたものでヘッドバンドも頑丈で作りが違います。しかしこれではあまりに仰々しくて折角いただきましたが診療では使えません。鯖江製の物が一番簡易的ですが安定が悪いので診療には使用できません。しかし学校検診の時にはヘッドランプも付けることができ子どもたちに威圧感を与えることもなかったので重宝しました。県歯科医師会からの配布品は使用しやすいですがこれを一つだけ戴いてもどうにもなりません。やはり診療室で活躍しているのは自作の物ということになり、私がスタッフ全員分を作ったということでも患者さんからの評判が良いようです。
 首都圏のコロナ感染者も再び増加に転じてきていますが診療室の予約状況は平時に戻っています。国もこれ以上の規制はいまのところやらないようですし、感染している方がいつ来院してもおかしくない環境になってきていますが出来る限りの対策をするしかありません。

歯の切削器具

2020623.jpeg
 新型コロナウイルス感染予防にあらゆる業界が対策を講じていますが医療機関での感染予防は基本的なことです。歯科医院には切削器具を十分揃えることが求められていますがタービン、コントラ、5倍速、ストレート、エアスケーラー、超音波スケーラーなどすべての機器を数多く準備するのは容易なことではありません。当院でも以前から必死の思いで器材の数を揃えてきて、現在の所有数はすでに200本を優に超えています。ユニットがヨシダ社製なのでタービン、エアスケーラーはヨシダ社製で揃えるしかありませんが他の互換性のあるものは別のメーカーのものを積極的に導入しています。すぐに壊れてしまっては使い物になりませんが写真のメーカーのものは性能も耐久性も優れておりコストパフォーマンスも良好で、十分な数を揃えるのにかなり貢献してくれました。ここに至るまでには数日で壊れてしまった粗悪品もあったりで高い授業料を払いましたが今のところこれ以上の本数は必要なく購入しないでも良さそうです。感染予防対策は医療機関の基本で、それを第一に考えなくてはなりません。昔は独製のものが一番と思い使っていたこともありましたが滅菌していなければ自己満足以外の何ものでもありません。感染予防対策にやり過ぎということはないので今後も安心して治療を受けていただけるように医院全体で取り組んでいきたいと思います。
プロフィール

kanahakihei

Author:kanahakihei
街の普通の歯科医院

カテゴリ
リンク
QRコード
QR