fc2ブログ

のど飴

51124.jpg

  プラークコントロールは素晴らしいのに隣接面カリエスができてしまう方や、突然すべての歯に根面カリエスを作ってしまう方がいます。そのような患者さんの生活習慣を聞いてみると仕事中に砂糖入りのコーヒーや紅茶を飲み続けていたり、最近のどがイガイガしてのど飴を常用していると答える方が多くいます。のど飴のお世話になったことがないので知りませんでしたが先日ドラッグストアーでのど飴のコーナーを覗いてみると沢山の種類ののど飴が売られているのに驚きました。コンビニでも同様でしたので世間ではかなり一般的なものなのだなと再認識させられました。一番の問題は「のど飴」という言葉のイメージが一般の方には健康にプラスになるものと錯覚されてしまうことで、お菓子の飴をなめるのとは違う感覚で使われてしまっています。飴をなめるのは虫歯の原因になり良くないことだとずーっと患者さん達に言い続けているのでお菓子の飴をなめるのには多少の罪悪感を感じてもらえます。しかし「のど飴」ということばでその呪縛から解放されるのかも知れません。アメリカからフッ素を取り寄せたりして苦労して医院全体でカリエス予防に取り組んでいるのに「のど飴」ごときにやられてはたまりません。いろいろと探してみれば砂糖が入っているものと入っていないものがあるので虫歯になりやすいものなりにくいものということで院内で紹介することにしました。購入時に多少でも意識してもらえればと思います。
プロフィール

kanahakihei

Author:kanahakihei
街の普通の歯科医院

カテゴリ
リンク
QRコード
QR