FC2ブログ

CTデータの移行も終了

20200111.jpg
日本の高温多湿が原因で壊れてしまったフィンランド製CTで撮影したDICOMデータが新しく導入した長野県産のCTシステムにすべて移行されました。パノラマ画像に比べてCT画像の移行は困難で、本来同じメーカーのものに買い換えなければデータの移行はできないことになっています。これもメーカーのユーザー抱え込み戦略で国民の健康を守るという各社のスローガンには反するものです。もし他のメーカーに乗り換えるのであればデータの入っているパソコンを一台そのまま所有しなければならずハードが壊れるのも困りますが、ほとんどがWindowsで動いているので、マイクロソフトのOSサポートが終了した時点で使い物にならなくなってしまいます。今後CTを購入する際には撮影した画像がメーカーを変更した際にどうなるのかをよく聞いてから購入されることをお勧めします。今回導入したメーカーは信州人の粘り強さですべての旧データを抽出し、新たなシステムへの移行に成功してくれました。これで古いパソコンを所有する必要もなく、以前撮影した画像も普通に見ることができるようになりました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

kanahakihei

Author:kanahakihei
街の普通の歯科医院

カテゴリ
リンク
QRコード
QR