FC2ブログ

すべてのチェアーでCTが見られるように

20200619.jpg 2020619.jpg
 新しいCTに入れ替えて9ヵ月が過ぎ、ほとんどの機能が使いこなせるようになってきました。今回の入れ替えは先代のフィンランド製の高級CTが日本の高温多湿のせいでで壊れたことがきっかけですが、こちらの方が使い勝手が良いので撮影機会が圧倒的に増えました。パノラマ写真はDentalXにすぐに飛ばせるので各チェアーで見ることができていましたがCTが見られるチェアーは2台に限られていました。CT撮影の機会も増えたので何とかならないかとメーカーの方にお願いしてみました。今回のCTメーカーはこれが本業ですので他のメーカーにあるような担当部署から上にお伺いを立ててからの対応とは断然スピードが違います。お願いしてから3日後には診療台8台のすべてでCTが見られるようになりました。営業活動を行わないでも国内シェア−1位の実力というところでしょうか。どうしても海外メーカーの製品でないとと、何倍もの価格でCTを購入される先生には別のこだわりがあってのことだと思われます。今回のCT入れ替えのもう一つの理由になったのはCTデータからセファロ画像が構築できるということでした。これで講演会の時によく聞かれる「セファロは撮影されないのですか」というお決まりの質問にも自信を持って答えられるようになります。

コメント

非公開コメント

プロフィール

kanahakihei

Author:kanahakihei
街の普通の歯科医院

カテゴリ
リンク
QRコード
QR