FC2ブログ

38年経過したブリッジ

20201024.jpg
大学時代に治療してもらったブリッジが38年経過し、ついに再治療の時が来てしまいました。接着剤のセメントが溶解して頬側からう蝕になってしまい食事中にエナメル質が欠けて取れてきました。食事中に歯が欠けて来院する患者さんは多いですが、久しぶりに自分で経験すると何とも情けない感じがするものでした。治療していただいた先生はすでにお亡くなりになっていますがよくこんなに長く保つブリッジを学生割引きで作っていただいたと感謝しています。歯科医になって多くの歯を治療してもらいましたが、思い出のあるこのブリッジだけは再治療する気になれず銀歯のまま今まで過ごして来ました。これから再治療になりますが先ずは取り外しの義歯を経験するところからはじめ、その後はインプラントにしようかと考えています。

コメント

非公開コメント

プロフィール

kanahakihei

Author:kanahakihei
街の普通の歯科医院

カテゴリ
リンク
QRコード
QR