fc2ブログ

元気が出る人形展

2022117.jpg
診療台の前に置いてあって患者さんにとても人気のある人形たちですが、毎年その展示即売会が行われます。多くの患者さんにどこで購入されているのかを聞かれますが、今年も1月19日から25日まで横浜高島屋7階で行われますのでご興味のある方はお出かけください。

特養の診療から得られたもの

2022111.jpg
ザ・クインテッセンスのⅠ月号に上記の記事が掲載されました。昨年3月に担当を辞任するまでの8年間、特養施設で経験したことを書いたもので、まったく関係のない先生には何も響かないと思いますが訪問診療を少しでも経験した先生には共感していただけるのではないかと思います。症例報告というより診療日誌のようなエッセー風になっていて読みやすいと思いますので目を通していただけると有り難いです。私のような一歯科医の取り組みに注目し、記事にしようとしていただいた編集者には心より感謝申し上げます。とても大変な8年間でしたがこの後の診療に生きる貴重な経験になりました。

When I'm sixty four

20211214.jpg
1967年にリリースされたThe Beatles の Sgt. Pepper's Lonely Harts Club Band というアルバムですが、その頃私はまだ10 歳だったので、実際に手に入れて聴いたのは中学生になってからのことです。当時はかなり斬新なアルバムでその世界観はほとんど理解できませんでしたがその中のWhen I'm sixty four という曲は英語がわかりやすかったこともあり記憶に残っていました。そして先日ついに自分もその年齢になりました。当時まだまだ若かったメンバーがどういうイメージをもってこの年齢を選び曲を作ったのか知をりたいところですが、この年齢になってあらためて聴いてみると曲の内容には納得です。

歯周病の分類

2021128.jpg
アメリカ歯周病学会、ヨーロッパ歯周病連盟より公表されている歯周病の分類に対して日本歯周病学会からだされている対応表です。歯周病をグレードとステージに分けるという考え方ですがこれはまさしく同じスタディーグループ火曜会で活動してきた千葉先生が以前から提唱してきた分類そのままです。千葉先生は歯周病患者を捉えるときにを罹患度、進行性、回復力で考えると20年前から言ってきました。とてもわかりやすい考え方ですので火曜会の若手もその考えに沿って治療を組み立てていますがやっと時代が追いついてきたということでしょうか。いままでも知っている人は知っているが知らない人は知らないという考え方でしたがアメリカやヨーロッパの人が言うと一斉にそちらになびくという日本人の情けなさです。さすがは会を代表する千葉先生です。

受付周りのデジタル化

2021124.jpg
国の方針でマイナンバーカードと健康保険証の紐付けが進められることになり、医療機関にはその読み取り機の設置が推奨されています。当院でも先月からマイナバーカードが保険証代わりになる読み取り機を設置しました。まだ使用率はかなり低いですが、保険資格の有無や保険証番号などが間違いなく読み取れるので大変便利になりました。またスマホが診察券の代わりになるシステムも導入しました。これで診察券を持ち歩かなくても済むようになり、家族全員の診察券が1台のスマホに入るので複数名のお子さんを連れて来院されるご家族にもそれぞれの予約時間をスマホで確認できるので大変便利になりました。年明けにはキャッシュレスで支払いができるようにしていく予定でいます。

2022年度のセミナー

20211126.jpg
早くも2022年度のセミナー予定が入ってきました。実習コースは2023年の6月まで予定されています。その他にも2022年4月24日には東京医科歯科大学CDEコースも予定されており、コロナ禍で落ち着いていた平穏な休日がまた騒がしくなってきました。来年になってコロナの状況がどうなっているか不安なところもありますが、それよりも自分の健康を維持していかなければなりません。先日のWebセミナーでは時間が限られていて概要くらいしか話ができませんでしたが、これらのセミナーでは拡大床治療についてもう少し詳しく解説できると思いますので定員もあるのでご興味のある先生は早めにご出席をご検討ください。

スポーツジムで歯のホワイトニング

20211125.jpeg
街のスポーツジムでこんな宣伝を見かけました。いったい何の事かと思いましたが自分で勝手に歯に漂白薬を塗り光をあててホワイトニングをするということらしいです。いまや歯のホワイトニングはスポーツジムや美容院で行うものになってきているようです。あくまで自己責任で行い、施術者がいると医療法に引っかかるので自分で行うということだと思います。こうなると歯のホワイトニングは6年間も大学で歯科医学を勉強した歯科医師が行うような処置ではないということでしょうか。

火曜会65周年記念講演会が無事に終わりました

20211115.jpeg
コロナ禍で開催できるかどうか心配していた65周年記念講演会を無事に開催することができました。万が一にそなえて最近の講演会の標準型となったハイブリッド形式で開催され、500名近い方が聴講してくれ成功裡に終わりました。我々より若い世代が中心になって企画から開催までの段取りを行ってくれて、私は言われるままに講演しただけでしたが歯科医師人生の大半を過ごした火曜会での発表でしたので一区切りとして一生懸命発表したつもりです。色々なことがウェブ上で行われるようになりましたが若手の先生方はそれを見事に使いこなしてさすがの一言でした。世代交代が行われたのなかで一つのイベントが終わり、このあたりで会の歴史も次のステージに進んでいくのを実感した一刻でした。

webセミナー

202110300.jpg
11月24日水曜日、20時からクインテッセンス出版(株)主催で拡大床治療についてのWebセミナーを行います。平日の診療後の20時からですので誰が聴くのかと思いますが定員が50名ですので興味のある方はお早めにお申し込み下さい。

火曜会65周年記念講演会

20211031.jpg
11月13、14日で所属するスタディーグループ火曜会の65周年記念講演会が開催されます。昨年に開催予定でしたがコロナの影響で今年に延期されました。第5波も終息してリアル開催が可能となりましたが、まだまだ安心はできないのでハイブリッドで行われることになりました。実際には今年で66周年で、私が火曜会に入会して33年ですのでその倍の長期にわたって会が続いているのは驚きです。開業医の研究会としていままでの先輩方が歯科界に多くの功績を残されています。「予知性のある」「永続性のある」「最小の侵襲で」などといったことばが冠に付く治療法は多くありますが火曜会では経過観察のスパンが違うのでそのあたりに注目して過不足のない治療とは何なのかを見ていただければと思います。
プロフィール

kanahakihei

Author:kanahakihei
街の普通の歯科医院

カテゴリ
リンク
QRコード
QR